にきびの予防と対策のTOPに戻る
「にきびの予防と対策」トップ >  にきびの治療 > ドクダミを使った自家製にきび薬




ドクダミを使った自家製にきび薬

北海道を除く日本全国に自生するドクダミは古くから使われている民間薬として有名です。
刈り取って干して乾燥させ、家庭での健康茶として飲用している人も多いかと思います。

ドクダミは、その形はハート型のかわいらしい葉をしているが、そのにおいは強烈で一度嗅いだら忘れないにおいを発します。そのにおいのもとになっているのがデカノイドアルデヒドという成分で、ドクダミの薬効成分の一つとなっています。
この成分の特徴は強い抗菌力を有していることです。
しかし、この成分は、残念なことに乾燥させると臭いが弱まると同時に効力も弱まってしまうので、にきびやおできなどの治療用に使う場合は、生のまま使うことになります。

にきびが化膿してしまったときには、ドクダミとユキノシタそれぞれの絞り汁を足したものがより効果的です。
ドクダミとユキノシタは、出きるだけ摘みたての新鮮なものを調達して、ていねいに水洗いするか、さっと熱湯をかけて殺菌してから、別々に擂り下ろして絞り汁を取ります。
そしてドクダミとユキノシタの絞り汁を同じ量だけ混ぜ合わせたものを、にきびの化膿した部分に、しみ込ませたガーゼで湿布します。
ドクダミだけのものでも効果は有りますが、ユキノシタの葉の絞り汁も同様の効果があるのでより広い範囲で効果が期待できます。いずれにしても新鮮なもの程抗菌力が強いので、出きるだけ新しい葉を使って作ってください。

また体質的ににきびができやすい人は、ドクダミの煎じ汁をお茶代わりに飲む習慣をつけることでにきびができにくい体質になります。
煎じ汁の作り方は、乾燥させたドクダミ15gを600mlの水で沸騰させ、水が半分になるまで煎じます。
このドクダミは、6月〜8月のドクダミの花が咲くころに刈り取って、しっかり水洗いしてから日干しで乾燥させたものを使ってください。



関連コンテンツ

アロエを使った自家製にきび薬

アロエは家庭でもよく植栽されているポピュラーな植物で、別名「医者いらず」とも呼ばれ、民間薬としても大変よく知られているのではないでしょうか。 内服薬としての用途も、外用薬として用いても薬効が多く、さ・・・

ハトムギを使った自家製にきび薬

健康食品の定番としてどこの薬局、ドラッグストアで置かれているハトムギですが、ハトムギ茶として飲むのが一般的ですが、ご飯に混ぜて食べることもできます。 ハトムギの最も効果があるとされているのが利尿・・・

蜂蜜を使った自家製にきび薬

はちみつはその栄養素の高さはよく知られており、健康増進の代表的な健康食品として古くから愛用されており、多くの人が知っていることでしょう。 蜂蜜の栄養素としての構成部分としてはブドウ糖と果糖ですが、そ・・・

にきび跡の治療

昔にきびができていたときにつぶしてしまった、また、自己流のケアをしていたためににきび跡が残ってしまった、いま進行中のにきびがにきび痕になりそうなど、にきび跡で悩んでいる人は多いと思います。 とく・・・

ケミカルピーリングによるニキビの治療効果

しみやくすみ、しわを取り除くための方法としてケミカルピーリングというものがありますが、ご存知でしょうか。 ケミカルピーリングは、保険の適用外となってしまうのですが、にきびの治療としても注目を集めてい・・・

非炎症性のにきびの場合

にきびには、皮脂が毛穴につまっているだけで炎症を起こしていない非炎症性のものと、既に炎症を起こして赤く腫れている炎症性のものとがあります。 特に非炎症性のにきびの場合は、簡単に自分でなんとかケアして・・・

炎症性のにきびの場合

にきびに対する悩みは、人によって、またその人の症状の程度によって様々です。 まったく気にしない人もいますが、鏡を見るのも厭だと、とかなり深刻に悩んでいる人もいます。 いずれにしても、ケアがうまくい・・・