にきびの予防と対策のTOPに戻る
「にきびの予防と対策」トップ >  にきびの治療 > アロエを使った自家製にきび薬




アロエを使った自家製にきび薬

アロエは家庭でもよく植栽されているポピュラーな植物で、別名「医者いらず」とも呼ばれ、民間薬としても大変よく知られているのではないでしょうか。
内服薬としての用途も、外用薬として用いても薬効が多く、さまざまなけがや病気の治療に用いられています。
内服としては、便秘、胃・十二指腸潰瘍などに効果が見られます。
アロエの葉を擂り下ろして飲むわけですが、生のアロエで腹痛を起こしてしまう人は、加熱させたり乾燥させたりして使うとよいでしょう。
アロエに含まれている有効成分は熱に強いので、乾燥させたり、煎じたりしてもかなりの効果を得ることができます。

外用薬としては、水虫、にきび、やけどや切り傷などに効果があります。
これはアロエに含まれる強い抗菌作用を持つ「アロエチン」という成分のによるもので、細菌の感染予防に大変役立ちます。
にきびや水虫などの患部に塗ることにより、細菌の毒素を中和したり、さらに退治してくれたりします。
また、この「アロエチン」という成分は、抗菌作用のほかにも、がん細胞の活動性を抑える働きがあることもわかっています。

アロエを外用として使う場合は通常は生葉を利用します。
その際気を付けたいのは、まずアロエの生葉をよく水洗いしてから、必ず一旦熱湯にくぐらせて殺菌してから使うようにすることです。
にきびや水虫に使用する場合は、熱湯消毒を施したアロエの葉の表面の皮をむいて、汁を絞り患部にこすりつけます。
患部が乾いたら、何度もアロエの汁を絞りながら繰り返し塗ります。

また、アロエを摺り鉦などで擂り下ろしたものを、水で2〜3倍に薄めた液を使ってマッサージすると、肌荒れにも効果があります。

しかし、いくらアロエが万能薬で効き目も大きいと言っても、肌の弱い人や、特に敏感肌の人は肌への刺激が気になることと思います。
様子を見ながら少しずつ変化や効果の現れるのを試してみてください。



関連コンテンツ

ドクダミを使った自家製にきび薬

北海道を除く日本全国に自生するドクダミは古くから使われている民間薬として有名です。 刈り取って干して乾燥させ、家庭での健康茶として飲用している人も多いかと思います。 ドクダミは、その形はハート・・・

ハトムギを使った自家製にきび薬

健康食品の定番としてどこの薬局、ドラッグストアで置かれているハトムギですが、ハトムギ茶として飲むのが一般的ですが、ご飯に混ぜて食べることもできます。 ハトムギの最も効果があるとされているのが利尿・・・

蜂蜜を使った自家製にきび薬

はちみつはその栄養素の高さはよく知られており、健康増進の代表的な健康食品として古くから愛用されており、多くの人が知っていることでしょう。 蜂蜜の栄養素としての構成部分としてはブドウ糖と果糖ですが、そ・・・

にきび跡の治療

昔にきびができていたときにつぶしてしまった、また、自己流のケアをしていたためににきび跡が残ってしまった、いま進行中のにきびがにきび痕になりそうなど、にきび跡で悩んでいる人は多いと思います。 とく・・・

ケミカルピーリングによるニキビの治療効果

しみやくすみ、しわを取り除くための方法としてケミカルピーリングというものがありますが、ご存知でしょうか。 ケミカルピーリングは、保険の適用外となってしまうのですが、にきびの治療としても注目を集めてい・・・

非炎症性のにきびの場合

にきびには、皮脂が毛穴につまっているだけで炎症を起こしていない非炎症性のものと、既に炎症を起こして赤く腫れている炎症性のものとがあります。 特に非炎症性のにきびの場合は、簡単に自分でなんとかケアして・・・

炎症性のにきびの場合

にきびに対する悩みは、人によって、またその人の症状の程度によって様々です。 まったく気にしない人もいますが、鏡を見るのも厭だと、とかなり深刻に悩んでいる人もいます。 いずれにしても、ケアがうまくい・・・