にきびの予防と対策のTOPに戻る
「にきびの予防と対策」トップ >  にきびの治療 > 蜂蜜を使った自家製にきび薬




蜂蜜を使った自家製にきび薬

はちみつはその栄養素の高さはよく知られており、健康増進の代表的な健康食品として古くから愛用されており、多くの人が知っていることでしょう。
蜂蜜の栄養素としての構成部分としてはブドウ糖と果糖ですが、その他に乳糖やタンパク質、ビタミンB群、カルシウム、リンゴ酸、パントテン酸など、さまざまなビタミンやミネラルも含まれています。

唇が荒れたりしたときにはちみつを塗ると効くとよく言われますが、これはビタミンB6とナイアシンの効果によるものです。
これは唇に限らず、肌荒れにも効果が発揮されます。
また蜂蜜には殺菌力もあるので、にきびの原因であるアクネ菌にも効果を発揮します。

ここで、自家製にきび薬としての蜂蜜軟膏の作り方を紹介します。
準備するものは、蜂蜜20gと亜鉛華末1gです。
亜鉛華末は薬局で売られている酸化亜鉛の粉末です。

作り方としては、蜂蜜20に対し亜鉛華末を1の割合で加えて、均一に混ざるようにていねいに練り合わせます。
作り置きをしておく場合は、密閉できる容器に入れて、冷蔵庫に入れて保存してください。

使い方は、蜂蜜軟膏をにきびや切り傷などの患部に直接塗ります。
肌が弱い人の場合は、ガーゼを当ててその上から塗るとよいでしょう。
この軟膏は、既にカサブタになったところに塗っても早くきれいに治す効果があります。
この軟膏をつけたところはベタつくので、塗った上からガーゼで覆ったり絆創膏などを貼ると良いかと思います。

はちみつは純粋なものほど白く結晶化し、混ぜ物が入っていると結晶化しにくいため白く濁りません。
蜂蜜軟膏を手作りする際は、純粋な蜂蜜で作ってください。



関連コンテンツ

ドクダミを使った自家製にきび薬

北海道を除く日本全国に自生するドクダミは古くから使われている民間薬として有名です。 刈り取って干して乾燥させ、家庭での健康茶として飲用している人も多いかと思います。 ドクダミは、その形はハート・・・

アロエを使った自家製にきび薬

アロエは家庭でもよく植栽されているポピュラーな植物で、別名「医者いらず」とも呼ばれ、民間薬としても大変よく知られているのではないでしょうか。 内服薬としての用途も、外用薬として用いても薬効が多く、さ・・・

ハトムギを使った自家製にきび薬

健康食品の定番としてどこの薬局、ドラッグストアで置かれているハトムギですが、ハトムギ茶として飲むのが一般的ですが、ご飯に混ぜて食べることもできます。 ハトムギの最も効果があるとされているのが利尿・・・

にきび跡の治療

昔にきびができていたときにつぶしてしまった、また、自己流のケアをしていたためににきび跡が残ってしまった、いま進行中のにきびがにきび痕になりそうなど、にきび跡で悩んでいる人は多いと思います。 とく・・・

ケミカルピーリングによるニキビの治療効果

しみやくすみ、しわを取り除くための方法としてケミカルピーリングというものがありますが、ご存知でしょうか。 ケミカルピーリングは、保険の適用外となってしまうのですが、にきびの治療としても注目を集めてい・・・

非炎症性のにきびの場合

にきびには、皮脂が毛穴につまっているだけで炎症を起こしていない非炎症性のものと、既に炎症を起こして赤く腫れている炎症性のものとがあります。 特に非炎症性のにきびの場合は、簡単に自分でなんとかケアして・・・

炎症性のにきびの場合

にきびに対する悩みは、人によって、またその人の症状の程度によって様々です。 まったく気にしない人もいますが、鏡を見るのも厭だと、とかなり深刻に悩んでいる人もいます。 いずれにしても、ケアがうまくい・・・