にきびの予防と対策のTOPに戻る
「にきびの予防と対策」トップ >  にきびの予防・対策 > 鼻の頭のにきびをつぶす方法




鼻の頭のにきびをつぶす方法

にきびができるとその症状がやたら気になりますね。
特に、鼻のあたまにできた膨らんだポツポツを指で押して、アブラのかたまりがムニューッと出てきた瞬間を経験のある人はどれくらいいるのでしょうか。
この経験をした人はわかると思いますが、アブラのかたまりが長くすっきりと抜けると結構気持ちが良く、何となくくせになってしまう感覚ですね。

このとき、ムニューッと出てきたアブラのかたまりこそが、いわゆる角栓です。
角栓というのは、皮脂腺から出てきたアブラと、古くなった角質細胞が毛穴の中でまじったものものです。
角栓ができただけでは炎症は起きませんが、角栓がにきびの原因になることがあります。

この角栓を自分で押し出すことは、その部分の皮膚にダメージを与えたり、また、毛穴にばい菌が入る可能性もあるため一般的には良くない処置とされています。
しかし、皮膚科の医者の中には、抜くときに気をつけて、皮膚に雑菌が入らないように衛生面に注意して行なえば大丈夫、という意見の医者もようです。

安全な角栓の取り方というのがあります。それを行なうには、まず先に角栓をやわらかくしておく必要があります。
その為に、日頃から化粧水や美容液をつけたり、お風呂に入った時にその部分を、手でやさしくマッサージするなどして角栓をしっかりと柔軟化させておきましょう。
もし、対象となる角栓が固いままでは、なかなか押し出せない為、押し出すときに余分な力がかかり、結果的に肌を傷つけてしまうことになったりします。
さて、角栓が十分にやわらかくなったら、対象となる角栓の両サイドにコットンを置くか、指にガーゼを巻きつけるかします。
そして角栓を両指で押し出すようにV字に圧力をかけます。
だんだん慣れてくると、皮膚が赤くならない程度の力加減がわかってくるようにmなります。
2〜3日に1度くらいのペースで行なうと、毛穴も徐々に目立たなくなり、にきびの予防にもなるでしょう。

ただし、ここで注意してもらいたいのは、赤く腫れたにきびがあるときには角栓の押し出しは控えてください。
赤いにきびを刺激して、活性酸素が放出されると、炎症はさらに悪化してしまいます。
炎症を伴ったにきびがあるときは、自分で行なうセルフケアだけで対処しようとせず、専門の皮膚科医の診断を受けるようにしてください。



関連コンテンツ

ニキビ ケア

たばこの喫煙が人の健康に害を与えることはほとんどの人が知っていることですね。 喫煙している本人はもとより、周囲でその煙を知らぬ間に吸ってしまう人にとっても良いことは一つも無く、悪いことばかりです。 ・・・

にきび予防のために実践すること

にきびを作らない為にどうすればいいかは、大変単純です。それは、まず原因を絶つことです、即ち、毛穴を詰まらせないこと、そしてにきびができにくい体質を保つことです。 にきびが出来にくい体質に改善して・・・

ストレスコントロールによる大人にきびの予防

大人のにきびには、さまざまな原因が考えられます。若い人に多い毛穴の詰まり以外に、ストレスや異常な緊張により分泌されるアドレナリンの急上昇により男性ホルモンのアンドロゲンが過剰分泌となり肌がオイリーに傾・・・

化粧とにきび

最近若い人がとっても上手に化粧をしているのを見ることが多くなってきましたね。 若くて肌に張りがあり、ピチピチしているため、化粧の乗りも良くたしかにきれいです。 中学生、高校生は、まだ学生という・・・

ストレスとホルモンと皮脂の関係

にきびの原因のひとつの要素である皮脂は、男性ホルモンのはたらきで分泌量が左右されることがわかっています。 男性ホルモンと言っても、そのホルモンは女性にも、もともとあるホルモンで、ホルモンの働きが盛ん・・・

にきびと冷え性の意外な関係

にきびの印象をと聞かれた時どんなことが浮かびますか? 何となく、テカテカしたアブラ肌の感じを想像しませんか? 毛穴が詰まってそこに皮脂がたまって発症したのがにきびですから、たしかに、皮膚のアブ・・・

皮膚への刺激を避ける

若い人のにきびであれ、大人のにきびであれ、どの程度のにきびであれ、にきびができたら少なくとも自分で出来るケアはした方がいいでしょう。 何度も言いますが、基本的なにきび対策としては、毛穴の目詰まり・・・

洗顔と保湿の注意点

今にきびに悩んでいる人は、少しでも早くにきびにさよならしたいと思っていると思います。 これ以上発症と症状をひどくしない為の、にきび対策の基本は、まず毛穴をつまらせないこと、そして皮膚を刺激しないこと・・・