にきびの予防と対策のTOPに戻る




化粧とにきび

最近若い人がとっても上手に化粧をしているのを見ることが多くなってきましたね。
若くて肌に張りがあり、ピチピチしているため、化粧の乗りも良くたしかにきれいです。

中学生、高校生は、まだ学生ということで、(以前顔黒というのが流行りましたが)本格的な化粧はまだしないでしょうが、簡単な化粧をしている人は、中に居そうですね。この中学生、高校生の時期は特に皮脂の分泌量が増える時期なので、化粧品の化学物質と皮脂が混ざることでにきびの原因の一つになりかねません。

また大人になって化粧に慣れた人でも、仕事に追われたり、疲れたりして、きれいに化粧を落とさずに寝てしまったり、きちんと化粧を落としきれていない状態のままスキンケアをすることで毛穴がふさがれてしまいにきびの原因になることもあります。
毛穴が何らかの理由で塞がれたりして、皮脂が毛穴から出られなくなってしまうと、皮脂や皮膚の代謝が狂い生まれ変わるサイクルが崩れてしまいにきびの発症や悪化を招きます。

スキンケアの方法でも、一般的に良くやられている方法であったとしても、自分の肌に合っていなければ、にきびケアのつもりが知らず知らずのうちに、逆ににきびの原因を作っていることにもなりかねません。

ひどい乾燥肌のアトピー性皮膚炎の人が保湿のためにということで、ワセリンをたくさん塗ってしまうと、それがにきびの原因を作ってしまうこともあります。
そのように乾燥肌の人でも、一旦毛穴が詰まるとにきびができてしまうということは、やはりオイリー肌の人なら油分の多いクリームよりも、アブラ分の少ない乳液やジェルタイプなどのライトな質感のものを選ぶとよいですね。

しかし、肌のアブラを取りたいということで、洗顔ばかりをして保湿をしないでいると、肌に必要なアブラが足りないと皮膚が判断して皮脂をせっせと作り出す、という逆効果にもなりかねないので、気をつけてください。

ところで化粧品の中には、にきびの原因菌であるアクネ菌を育ててしまう栄養分を含んでいるものもあるようです。
ビタミンCはばい菌が好む栄養素でもあるのですが、ビタミンCはにきびの要因となる皮脂の分泌を抑える作用があるため、にきびにはなりにくいのです。
その他には、活性酸素を消す抗酸化成分が高い濃度で含まれる化粧品はにきびを作りにくいです。



関連コンテンツ

ニキビ ケア

たばこの喫煙が人の健康に害を与えることはほとんどの人が知っていることですね。 喫煙している本人はもとより、周囲でその煙を知らぬ間に吸ってしまう人にとっても良いことは一つも無く、悪いことばかりです。 ・・・

にきび予防のために実践すること

にきびを作らない為にどうすればいいかは、大変単純です。それは、まず原因を絶つことです、即ち、毛穴を詰まらせないこと、そしてにきびができにくい体質を保つことです。 にきびが出来にくい体質に改善して・・・

ストレスコントロールによる大人にきびの予防

大人のにきびには、さまざまな原因が考えられます。若い人に多い毛穴の詰まり以外に、ストレスや異常な緊張により分泌されるアドレナリンの急上昇により男性ホルモンのアンドロゲンが過剰分泌となり肌がオイリーに傾・・・

鼻の頭のにきびをつぶす方法

にきびができるとその症状がやたら気になりますね。 特に、鼻のあたまにできた膨らんだポツポツを指で押して、アブラのかたまりがムニューッと出てきた瞬間を経験のある人はどれくらいいるのでしょうか。 この・・・

ストレスとホルモンと皮脂の関係

にきびの原因のひとつの要素である皮脂は、男性ホルモンのはたらきで分泌量が左右されることがわかっています。 男性ホルモンと言っても、そのホルモンは女性にも、もともとあるホルモンで、ホルモンの働きが盛ん・・・

にきびと冷え性の意外な関係

にきびの印象をと聞かれた時どんなことが浮かびますか? 何となく、テカテカしたアブラ肌の感じを想像しませんか? 毛穴が詰まってそこに皮脂がたまって発症したのがにきびですから、たしかに、皮膚のアブ・・・

皮膚への刺激を避ける

若い人のにきびであれ、大人のにきびであれ、どの程度のにきびであれ、にきびができたら少なくとも自分で出来るケアはした方がいいでしょう。 何度も言いますが、基本的なにきび対策としては、毛穴の目詰まり・・・

洗顔と保湿の注意点

今にきびに悩んでいる人は、少しでも早くにきびにさよならしたいと思っていると思います。 これ以上発症と症状をひどくしない為の、にきび対策の基本は、まず毛穴をつまらせないこと、そして皮膚を刺激しないこと・・・