にきびの予防と対策のTOPに戻る




にきび跡がクレーター状

にきびはその外的症状のケアだけに留まらず、精神的な悩みもも見逃せません。
顔の目立つ部分に出来てしまったにきびと同様にと言うより、もしかするともっとそれ以上に深刻な悩みとなりうるのがにきび痕です。
にきび跡には茶色く色素沈着してしまった肌や、皮膚表面がぼこぼことしたオレンジのような肌、またクレーター状に陥没してしまった肌などがあります。
いずれも、にきびができた段階でしっかりした処置をせず放っておいたか、間違った方法によるセルフケアを続けてしまった場合に、ひどいにきび跡ができることが多いようです。
中でも肌表面がクレーター状になったにきび痕は、自分でにきびをつぶしてしまったときにできやすいパターンです。
にきびを気にして鏡をのぞいた時に、赤くふくらんだにきびを発見したりすると、ついつい自分の指でつぶして芯のようなアブラをグニューと出したときは、何となくスッキリした気分になったことがある人もいると思います。

しかし、この時のこの処置が後々深刻なにきび痕を残す原因を作ってしまうのです。
まず、赤にきびができると、そのにきびの炎症のせいで周りの組織が、破壊され、さらに溶かされて、皮膚をくり抜いたような形状の陥没ができます。
つまり赤にきびができただけで、処置の仕方によっては、クレーター状になるにきび跡を作ってしまう可能性があるということなのです。
さらにこの時、自分でにきびをつぶしたりして刺激を与えると、にきびの中にたまった酸化物質がそのまま外に出ないで皮膚の組織内に広がってしまい、ますます炎症を悪化させ真皮までへこんでしまうことになります。

にきびが赤く症状を発症をしてしまったら、自分で下手にあれこれケアするよりも、専門の皮膚科を受診して確りとした専門家の治療を行なうのが安全で効果的です。
にきびの状態であればいろいろ治療法も選べますが、一旦へこんだにきび痕になってしまうと完全にもとの平らに戻すのは大変難しいのです。



関連コンテンツ

白にきびと黒にきび

にきびというと、顔の頬や鼻の脇に赤く小さくふくれ上がった湿疹を思い浮かべる人が多いでしょう。 実際ににきびで悩んでいる人は、そのように既に、にきびの炎症を発症しているケースがほとんどです。 しかし・・・