にきびの予防と対策のTOPに戻る
「にきびの予防と対策」トップ >  にきびの原因 > 毛穴のトラブルいろいろ




毛穴のトラブルいろいろ

にきびと間違われ易い肌のトラブルも色々あります。
「きちんとにきびケアしているのに、全くよくならない・・・」というような発疹があったら、もしかすると、それはニキビではなく、別の病気が発症しているのかもしれません。
おできがよくにきびと間違われますが、その中でも額や鼻などの硬い部分に出来るものは「めんちょう」と呼ばれてます。
ニキビが悪化してひどくなったものと勘違いされ易いのですが、ニキビとは別物で、膿んで赤く腫れ上がり、触るととても痛いのが特徴となっています。
今のところ、原因は解明されていませんが、勿論自分で潰して治そうとしてはいけません。
通常、1週間くらいすると、潰れて自然に治まりますが、気になる場合は、皮膚科に行って抗生物質を処方してもらうのがいいでしょう。

その他にも毛穴に起こるトラブルは色々あります。
顔や二の腕に小さなブツブツが集中して出きる「毛孔性苔癬(もうこうせいたいせん)」があります。 一般的には鳥肌とかさめ肌と呼ばれています。
時期的には、肌が乾燥しがちな秋から冬によく見られる症状で、ブツブツそのものは毛穴にでき、角栓もできています。症状としては、年齢が高くなるにつれ軽くなる傾向があります。

汗の穴にできる小さな水泡のような腫瘍で「汗管腫」というのがあります。
これは、通常、目の周りにできることが多く、肌と同じ色か、多少褐色がかっています。
気になるので、爪で無理にほじくろうとする人が多いですが、それはいけません。
皮膚科に行ってのチャンとした治療が必要です。

その他には「カミソリ負け」があります。
これは髭やうぶ毛を剃る時に、カミソリでつけた小さな皮膚の傷から、肌にもともといたブドウ球菌が入り込み炎症を起こしたものです。
これは髭剃りをする際に、ジェルやフォームをつけ注意して行なえば、充分防ぐことができます。
皮膚の病気や毛穴の病気には、自分の見立てだけではどうにもならないものがありますので、ひどくならないうちに一度皮膚科で診てもらうようにするのがいいでしょう。



関連コンテンツ

生理がにきびに与える影響

多くの女性が生理中に、頭痛やイライラ、肌荒れなどさまざまな「不快な症状」を経験されていることとと思います。 毎月、生理がくるとにきびが出来るということが繰り返しているという人もいるのではないでしょう・・・

毛穴と皮脂

人間の体は種々のバランスを保ちながら健康を維持しています。 肌の代謝や皮脂分泌のバランスを崩すことは、にきびの原因になります。 それは、本来なら皮膚を潤して保護するべき皮脂が過剰に分泌して、その結・・・

毛穴の種類と役割、背中にきび

にきびが出来るのは、毛穴に皮脂が詰まった状態になったときに起こります。 そのときの症状や状態によって、白にきび、黒にきび、赤にきび等と呼ばれ、対処の仕方も様々あります。 にきびが発生する場所と・・・

紫外線による影響

真夏のぎらぎらと照りつける太陽の下では、紫外線が気になりますが、日差しの弱い日や曇った日などには紫外線のことをあまり気にしていませんが、日差しの強さに関わらず紫外線は私たちの肌をじわじわと攻め続けてい・・・

大人にきびと活性酸素の関係

若い頃はにきびと言っていたものが、大人になると吹き出物と言われますが、原因と症状のどのような違いがあるのでしょう。 象徴的に青春のシンボルとも言われる思春期のにきびがおもに皮脂の分泌過剰によってでき・・・

大人にきびができる原因

若い世代、特に学生時代のにきびは、皮脂の分泌が活発になることが起因して発症し、にきびの多くは顔にあらわれます。 しかし思春期と言われる時期を過ぎ、大人になってからできるにきびは顔だけでなく、デコ・・・

アクネ菌という細菌の存在

にきびと一言でいっても、にきびにはいくつかの種類があり、その症状も軽度なものから重度のものまでさまざまです。 中でも見た目にわかる、赤く炎症を起こし、もちろん痛みや違和感を伴ってきたものを「赤にきび・・・