にきびの気になる年代にきびは学生時代にでき易いため「青春のシンボル」などと呼ばれたりします。
呼び方からは爽やかな感じがしますが、顔の目立つ部分に赤みが出たり、痛みやかゆみなどの違和感を伴うこともあるため、真剣に悩んでいる人も多いと思います。

では、なぜ特に、この時期ににきびができ易いのでしょう!
それは、思春期の時期は性ホルモンのバランスが急激に変化し、特に男性ホルモンのアンドロゲンが活発に働き、皮脂の分泌を盛んにさせます。

この男性ホルモンのアンドロゲンは、女性の体内にも、もともと存在しています。
皮脂腺でつくられた皮脂は、毛穴を通り皮膚の表面に広がっていき皮膚に適度な潤いをもたらすのが本来なのですが、あまりに分泌量が多いと排出しきれず毛穴の中にたまってしまいます。
また、それと同じようなことで不要な角質と皮脂が混ざり合って毛穴にふたを作ってしまうこともあります。
この角栓と呼ばれるふたができてしまうと、皮脂が排出されず、どんどん毛穴の中にたまり、それがにきびとなるのです。
若い頃、周囲にもにきびができている仲間がおおいので、仕方のないこと、と放置するのではなく、原因を知って対策をしておくことで、後々にきび痕に悩まされることも無くなっててくるのではないでしょうか。

また、二十歳を過ぎてからのにきびは「青春のシンボル」ではなく「吹き出物」と呼ばれて別の扱いを受けてしまうこともありますが、いずれにしても、にきびは皮膚の病気であることに違いはありません。
三十代以上にできる「大人にきび」で皮膚科を訪れる人も増えているそうです。
にきびは青春のシンボルではなく、どの年代にも現れる可能性のある皮膚の病気と捉えるもののようです。

ここに書かれていることを読んで、にきびについてよく理解して、明日からは「もうにきびに悩まない」という状況になることを望んでいます。




カテゴリー

にきびの原因
にきびは思春期に出来易いため青春のシンボルと言われたりするが、人によっては、全くにきびの出来ない人もいる。にきびの原因を探ってみましょう。
にきびの種類・症状
同じにきびといっても出来る場所、原因、症状によって、違いが有るようです。
にきびの予防・対策
にきびの発症を抑えたり、症状を緩和するためにいろいろな方法・手段を紹介します。
にきびの治療
にきびの治療には昔からいろいろな治療法、治療薬が推奨されています。自分に合った方法で症状が軽いうちに対処するのがいいのでしょう。
にきびの痕
にきびが直った痕の処置が大事です。精神的な健康、美容の面からもアフターケアをしっかりすることが大事です。
にきびと化粧
にきびの原因の一つに皮膚のケア、特に毛穴、皮脂の調整にあり、若い人の化粧に関係してきます。